ユウスケのエイジング日記

革ジャンやデニムのエイジング記録を中心に好きな服に関して書きます

革製品を洗濯してしもうた!(ToT)

やってしまった・・・・・



革製品で一番やってはいけない事の一つが、水に濡らす事と言われている。

先日それをやってしまった(涙)



何を濡らしてしまったかと言うと、



yuusukeaging.hatenablog.com

↑この記事で紹介した「ルイスレザーズ」のカードケースですo(T□T)o



f:id:nyuusuke:20201127162235j:plain

僕はこれまで、パスモや会社の社員証を、ワイシャツのポケットに入れていて、うっかりそのまま洗濯機に入れてしまうことが良くあった。

でも、「カードケースにまとめて入れておけば、忘れて一緒に洗濯するミスは起こらない☆」


と思ってたのに、疲れてる時にワイシャツごと洗濯機に突っ込んでしまった(*_*;
アホだ。



洗濯が終わって蓋を開けたら、ルイスレザーズのロゴが見えた時は、一瞬何が起きたか理解出来なかった・・・。




でもここで頭をフル回転させて、2つの思考を導き出した。


①プラスに考えるんだ!

元々このカードケースは、ルイスレザーズの革がどんな物かを知るため実験用として買った物で、ガシガシ使う予定だった。
ルイスの革を水に濡らしてどこまで大丈夫か、良い実験になる。


②どう手入れするか?

これが一番大事だ。
革ジャンに興味を持って手に入れる前に、手入れの仕方は勉強してたので、濡らした時の対処法も頭に入っていたので、それを実践すればいい。



何をすれば良いかというと、


・まず水気を取る。
ゴシゴシこするのはNGで、タオルなどでくるんだりして、優しく水気を取るのが良いらしい。
僕はティッシュでやりました。

・ストーブや直射日光で急激に乾かすと、革が硬くなってダメになる。

・このまま乾くと革の水分や油分も抜けるらしいので、完全に乾ききる前にクリームを塗る。

・風通しの良い場所で放置。


確かこんな感じで良かった筈。
これを覚えていたのでやった。



yuusukeaging.hatenablog.com

↑この記事で紹介した、コロニルのシュプリームクリームが押し入れにあったので、これで手入れした。


f:id:nyuusuke:20201127161835j:plain

大事な革製品を持ってる人は、お手入れ用のクリームは常備した方がいいです!

もし切らしていて、次の日にならないと手に入らないことになってたらと思うと、ゾッとする((((;゜Д゜)))




この件があってから1ヶ月ほど経つ。
どう変わったかというと、


f:id:nyuusuke:20201127181638j:plain

↑こんな感じです。

問題なく使えてます♪
クリームを塗ってしばらくはベタついてたけど、今は気になりません。


f:id:nyuusuke:20201127180446j:plain

↑こちらは、購入した日に撮った写真。


使ってるとあまり変化は感じないけど、写真撮って比べてみると、表情が少し変わってます。

洗濯した直後は、かなりクタクタになりヤレた雰囲気になったが、使ってる内に元の平らな状態に戻ります。



yuusukeaging.hatenablog.com

↑過去の記事で、「強制エイジングはしたくない」と書きましたが、ちょっと良いかもと思ってしまった(笑)
やる人の気持ちが分かった気がする。


革製品を水で洗う方法もあるから、思っているよりもタフかもしれない。



f:id:nyuusuke:20201128225458j:plain

↑ただ、革を合わせている部分が少し剥がれました。

糸で縫い付けているだけでなく、接着剤で張り付けられちているようですが、その接着剤が取れて角が少しめくれている。
(縫製は全くダメージがない)


洗濯機に入れると機械任せになり、どこにアジを出したいかコントロールはしづらいので、強制エイジングする時は気を付けた方がいいかも_(._.)_




このカードケースは、ルイスレザーズのジャケットと同じホースハイド(馬革)で作られているらしいので、ルイスレザーズの革がどれだけ水に強いか分かって良かったです◎
出かけた先で、少しくらいならウッカリ雨に濡れても大丈夫そう。

元々バイクに乗る人用のジャケットなので、ギア(道具)としての機能もしっかりしてる。
(ベジタブル鞣しの革だとまた違ってくるかもしれない)


それでも、やっぱりなるべく濡らしたくはないf(^_^;