ユウスケのエイジング日記

革ジャンやデニムのエイジング記録を中心に好きな服に関して書きます

マスタングペースト

先日、愛用のALPHAのブーツをお手入れした。

yuusukeaging.hatenablog.com



このブーツにはマスタングペーストを使っている。

f:id:nyuusuke:20191128180643j:plain

マスタングペーストは、その名のとおり、馬油(バーユまたはマーユと読む)を精製したオイルだ。

革ジャンやブーツを買う前に、オイルやクリームの種類を調べたところ、高級なものではこのマスタングペーストとコロニルのシュプリームクリームがツートップのようです。


↓シュプリームのレビューはこちら
yuusukeaging.hatenablog.com




レザー製品のお手入れに使うオイルといったら、ミンクオイルが有名だと思うが、実は世に出回っている商品の成分は、石油とか有機溶剤などがほとんどで、ミンクオイルは数%しか含まれていないらしい(ToT)
ブランドのショップ店員の方にも色々聞いたが、彼らですら「ミンクオイルは使わない方が良い。」と言っていた。
日本は湿度が高いので、それも理由らしい。

逆にマスタングペーストは、ペースト状にするために数%、BEE OILが含まれているが、天然の馬油だけで出来ている。
表面をコーティングして艶を出す成分も色もなく、革に栄養を与えるだけのオイルなので、革そのもののエイジングを楽しめ、ラフでタフな表情になるそうです。



f:id:nyuusuke:20191128180723j:plain

色の薄いバターのような質感で、指で触れると体温で溶けて塗りやすくなる。
浸透力が強いので、布ではなく直接指や手のひら全体で塗っています。
馬油は美容やスキンケアにも使われるので、肌にも良いそうです。(だからって人体にも使えるのな・・・?)



また、親切にも説明書も付属しています◎
これは凄いありがたいです。
ファッション関係の商品は、初心者に説明不足で敷居が高くなりがちですが、これなら誰でも使いやすい♪


説明書によると、
「使い続けたラフな味わいのレザーに育てていきたい場合は、ブラッシング+オイルアップのシンプルメンテでOKです」
と書かれている。


究極の靴磨き

究極の靴磨き

  • 発売日: 2018/09/10
  • メディア: Kindle

↑このコロンブス監修の靴磨きの本によると、
月に一度の靴磨きは、クリーナーで汚れを落としてからクリームを塗布するが、週に一度の靴磨きなら、クリーナーは飛ばして良いと書かれている。

重点的な手入れは、長い期間ごとにやれば良くて、短い期間の手入れはそこまで細かくやる必要はないようです。

特に、僕のブーツはドレス寄りではなくワーク寄りなので、その期間も長くなると思うし、極端に神経質にならなくても良いと思う。


↓以前の記事でも書いたが、

yuusukeaging.hatenablog.com

オイルを入れる頻度は、革の状態を見ながら柔軟にやれば良いと思います。




f:id:nyuusuke:20191121110805j:plain

↑これはお手入れする前。
オイルは春に入れたのが最後なので、半年ぶりくらい。
また、今まではブラッシングするだけで、クリーナーは使ってなかったけど、さすがに1年経つからクリーナーで掃除します。

・まず、柔らかい馬毛ブラシで埃を落として、

・液体のクリーナーで掃除し、

マスタングペーストを全体に塗った後、浸透させるため一晩放置し、

・硬い豚毛ブラシでさらに浸透させ、余分なオイルを取り、

・布で軽く磨くと、

f:id:nyuusuke:20191121111134j:plain

↑こうなります☆



画像だと違いが分かるかな・・?
(お手入れ後はハーネスを付けて撮影しましたが)

カサついたブーツが引き締まりました(o^O^o)

艶を出したり色を付ける成分は入っていないけど、色が気持ち濃くなり艶も出ました。
ドレスシューズじゃないので、これくらいで良い◎


このブーツはまだ1年目だから、あまり汚れてないし乾燥もしてないから、あまり変化は目立たないけど、ガッツリ履き込んでからまたレビューしたい。


スエードや爬虫類系など一部の特殊な革以外は、どんな革製品にも使えるので、バンソンの革ジャンもマスタングペーストで手入れする予定です♪



ただ、このオイルは使用期限があるみたいです。
開封で3年、開封後は1年になる。
そんな頻繁にお手入れしないから使いきれない!(涙)



↓その後、革ジャンに塗ってみた話です。
yuusukeaging.hatenablog.com